『ぼくのワンダフル・ライフ』予告編批評_予告編を観て映画に行こう!

公式サイト

 

予告編批評です。

今回はワンダフル・ライフ。ありそうでありそうな名前の映画笑

 

まず、僕犬好きなんですけど。予告編のあたまで、

「これも僕、これも僕……僕は何度も生きてきた」ってナレーションプラス、

かわいい犬たちの姿。ここでもう泣けます。

 

そうです。幸せなことであり、飼い主としての最大の責任だと思うのですが、

飼った犬の最期を看取る。

犬ともそうですけど、

ペットを買う場合いちばん大事なことではないでしょうか。

きっとそんな犬ちゃんが、何度も生まれ変わって、

同じご主人に仕えて、

最期は主人を看取る。みたいな話でしょうか。

もー号泣です。笑

 

最初の茶色いもふもふ犬。べりー。

イーサン少年の出会い。

 

少年かぁ……。少年からスタートかぁ。感動だなぁ笑

少年が青年になりました。愛し愛され、ただただ嬉しかった。

ここで30秒。

 

ここれガールフレンド。

一生の伴侶でしょうか。ベリーのお陰で出会う。

お祭りなんですね、やっぱり。

 

そして中盤。やっぱりベリーは死んじゃいます。

もう泣きそうです。辛いです。

で、さっそく蘇ります笑

 

しかも、このミッドのいちばん大事なところ、

全部ナレーションベースで、

完全に犬目線です。

犬目線のはなしなのでしょうか。

むむ。

それとも予告編のつくりなのか。

 

犬ちゃんが、ナレーションベースの映画だったら、

「ペット」よりですね。

本編ではどうなんでしょ。

 

それで生まれ変わるんだけど、

イーサンにはなかなか出会えないんですね。

「トゥー・ヤングトゥーダイ」みたいですが。

 

それで、最後の方出会っちゃうんですよね。

イーサンぽい人と。

ん?これが落ちじゃないのか。最近、オチ見せちゃう映画多いですよね。予告編で。

 

たぶん、内容がわからないでいくのが嫌だって人が多いのでしょうね。

自分の分かる範囲で、自分のコントロールできる範囲で感動したい。

理性的な感動。そんな気がする。

 

「これは、犬と人間の極上のラブストーリー」

 

うーぬ。なるほど。ラブストーリーかぁ。

 

そして、「僕のワン・ダフルライフ」……完全に犬目線や笑

 

しかも監督「ハチ公物語」の人だ笑

犬得意なんだなぁ、

リチャード・ギア大好き。

 

動物の映画、たまに観たくなります。

すごくタイミングは完璧だと思います。

ナイスタイミング犬映画。

 

これは見に行くしか。でも先に「ダンケルク」と「エイリアン」だなぁ笑

あと、「ブレードランナー」。忙しいです。

 

「僕のワン・ダフルライフ」の予告編を観て映画に行こう!

2017年9月29日公開です。

あわせて読みたい

Bitnami